読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄光のランナー

 今日、映画『栄光のランナー』を観てきました。

 この映画は1936年のベルリンオリンピックで活躍したアメリカの陸上選手ジェシー・オーエンスの半生を映画化したものです。当時のアメリカの過酷な人種差別と貧困に苦しみながらもスプリンターの才能を武器に大学に進学し、やがてベルリンオリンピックで4個の金メダルを獲得するに至る活躍が丁寧に描かれています。

 私はジェシー・オーエンスという陸上選手をこの映画で初めて知ったのですが、wikipediaで調べてみて、今更ながらその偉業に感動してしまいました。ベルリンで金メダルを獲り英雄として凱旋した後も、ホワイトハウスからはほとんど無視されたり、馬と競争させられたり、賞金稼ぎに参加してアマチュア選手の資格を取り消されたり随分苦労を重ねた人らしいです。映画の中でも人種差別のシーンがたくさん描かれていましたが、現実の差別はもっとエグイものだったでしょうね。胸糞悪い…。

 ジェシー・オーエンスを演じた主演のステファン・ジェイムスはかなりのスポーツマンらしいですが、今回の撮影にあたり短距離走のトレーニングに励み本職の陸上選手に混じって練習できるまでになったそうな。それ以上に個人的に目を引いたのは彼の筋骨隆々の肉体です。私はウェイトトレーニングを趣味としているので(体はショボいけど)、ステファン・ジェイムスの肉体の仕上がりぶりに驚きました。スタローンやシュワルツネッガー等と違い無駄にデカくせず、上半身はムキムキ、足は細目というまさにスプリンターそのものでした。見た目だけでなく理不尽な差別に対して決して自暴自棄にならず静かな怒りと競技への闘志を燃やす目力があり表現力のある役者だったと思います。あと、ゲッベルスを演じた俳優(名前知らない)は何やら不気味な雰囲気を醸し出していて印象に残りました。常に無表情で背筋を伸ばした佇まいが冷酷さと冷徹さを醸し出しています。ゲッベルスってポマードで固めたオールバックの髪型だったと記憶していたけど、なぜか丸刈りになっていました。ネオナチみたいだね…。

 史実をもとに作られた映画なので歴史を知っている方にとってはあらすじを読めてしまう映画かもしれませんが、何も知らない私はかなり感動しました。逆境をはねのけて功成り名を遂げる姿は感情移入しやすいですしね。また、人種差別国家であるナチスドイツ主催のオリンピックへ出ることへの葛藤、ドイツの走り幅跳びの選手ルッツ・ロングとの友情、恩師ラリー・スナイダーへの感謝・反発、妻子への裏切りと愛、レニ・リーフェンシュタールのオリンピック映画への執念など見どころの多い良作映画といえると思います。